menu
  1. 性行為における性病感染の予防方法とは?
  2. クラミジアの感染が原因でHIVの感染率が上がる
  3. クラビットもクラミジア治療薬として使われます
閉じる

カテゴリー:クラミジア感染について

クラミジア感染症の治療薬には、テトラサイクリン系の抗生物質ミノサイクリン塩酸塩を主成分とするミノマイシンと安価なジェネリック医薬品であるディバインも用いられています。ミノマイシンとディバインは、テトラサイクリン系の抗生物質の中でも病原菌…

クラミジアは、日本国内に100万人以上の患者がいるとされ、特に20代前半の女性の感染率が最も高い性行為感染症です。クラミジアは、一般的に男性が1日~1週間程度の潜伏期間、女性は2~3週間程度の潜伏期間を経てクラミジアの症状を発症しますが…

クラミジアの菌が結膜に感染することで引き起こされる封入体結膜炎、これはトラコーマとも呼ばれる眼病で、特に不衛生な環境が多いとされる発展途上国に多い病気です。この眼病、症状をそのまま放置していると失明することもあるといわれている、非常に危…

クラミジアは日本で一番感染者が多い性感染症です。粘液を介して感染していくため、通常のセックス以外にもオーラスセックスやアナルセックスでも感染するリスクがあります。感染していても、症状が出ないこともあり、知らない間に感染源として広めて…

HIVは、日本国内に100万人以上の感染患者がいるとされているクラミジア感染症に感染している事でクラミジア感染症との重複感染率が3~5倍に高まるとされています。HIVは、ヒト免疫不全ウイルスに感染する事が原因で発症しますが、キスで感染す…

クラミジアの治療には、広範囲経口抗菌剤クラビットや安価なジェネリック医薬品レボクインも用いられています。クラビットは、オールドキノロンと称される第1世代キノロンの化学構造を改良した第2a世代キノロン系抗生物質レボフロキサシンを主成分とす…

最新記事

  1. クラミジア感染症の治療薬には、テトラサイクリン系の抗生物質ミノサイクリン塩酸塩を主成分とするミノマイ…
  2. クラミジアは、日本国内に100万人以上の患者がいるとされ、特に20代前半の女性の感染率が最も高い性行…
  3. クラミジアの菌が結膜に感染することで引き起こされる封入体結膜炎、これはトラコーマとも呼ばれる眼病で、…
  4. クラミジアは日本で一番感染者が多い性感染症です。粘液を介して感染していくため、通常のセックス以外…
  5. HIVは、日本国内に100万人以上の感染患者がいるとされているクラミジア感染症に感染している事でクラ…
ページ上部へ戻る