menu
  1. クラビットもクラミジア治療薬として使われます
  2. クラミジアの感染が原因でHIVの感染率が上がる
  3. 性行為における性病感染の予防方法とは?
閉じる

アーカイブ:2017年 12月

クラミジアは、日本国内に100万人以上の患者がいるとされ、特に20代前半の女性の感染率が最も高い性行為感染症です。クラミジアは、一般的に男性が1日~1週間程度の潜伏期間、女性は2~3週間程度の潜伏期間を経てクラミジアの症状を発症しますが…

クラミジアの菌が結膜に感染することで引き起こされる封入体結膜炎、これはトラコーマとも呼ばれる眼病で、特に不衛生な環境が多いとされる発展途上国に多い病気です。この眼病、症状をそのまま放置していると失明することもあるといわれている、非常に危…

最新記事

  1. 性感染症においては、コンドームの使用や性感染症の治療法が確立され、抗生物質などの治療薬の活用によって…
  2. 梅毒は真正細菌の1つである梅毒トレポネーマによって発症し、かつては不治の病として恐れられていました。…
  3. 性器クラミジア感染症は、国内に100万人以上の感染患者がいると推測されている性交感染症とされ、特に発…
  4. 性病は、一般的に感染者の精液や膣分泌液などに粘膜が直接接触する性行為が最も感染患者の多い感染経路です…
  5. クラミジア感染症の治療薬には、テトラサイクリン系の抗生物質ミノサイクリン塩酸塩を主成分とするミノマイ…
ページ上部へ戻る