menu
  1. クラビットもクラミジア治療薬として使われます
  2. クラミジアの感染が原因でHIVの感染率が上がる
  3. 性行為における性病感染の予防方法とは?
閉じる

性行為における性病感染の予防方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

現代の日本は風俗産業が非常に発展しています。
性欲を簡単に解消できるというメリットがある一方、不特定多数の男性と関係を持つ接客する女性がもし性感染症を持つ男性とオーラルセックスを含めた性行為をした場合、感染して次にその接客する女性と性行為を行うことによって性感染症がさらに拡大するというデメリットもあります。
シャワー付きの店もありますが相手の分泌液が体内に入ると感染するのであまり期待できません。
この性感染症が日本で社会問題となっています。

性行為は風俗店でする他にもカップルや夫婦間でしますが、ここでも性感染症にかかることもあります。
悲しい話ですが風俗店でする性行為だけが感染するということではありません。
性感染症にかかる可能性が高いというだけです。
性感染症の予防策は様々ですが、予防策の1つとしては風俗店に行かないようにして見知らぬ人との性行為を避けるということが最も性感染症にならない方法といえます。

女性の場合も同様で風俗店で働かないようにすることや見知らぬ人との性行為を避けることで性感染症にかからない方法といえます。
しかし、性欲は人間である以上男女ともにあると思います。
それを解消するには性行為を避けることはできませんが、避妊具限定でよく使用されているコンドームで性感染症を予防することができます。

コンドームは表面が薄く作られているものやブドウやイチゴ味がついた物、イボイボがついていて女性を気持ちよくさせる物や男性の陰茎のサイズに合わせた物まであり、本来は避妊が目的ですが多岐に渡って様々な工夫が施されて世に出回っています。

性行為において性感染症を予防するにはオーラルセックスの段階で男性の陰茎部にコンドームを装着して性行為をすることである程度防ぐことができます。
性感染症は病原菌を含む精液や腟分泌液、血液などが口や性器の粘膜などに接触することで感染します。
性行為時にオーラルセックスの段階で少量の精液や膣分泌液が出ているのでコンドームをすることで性感染症にかかるリスクは確実に減少します。

女性の場合は女性用コンドームがありますが、店頭に置かれていないといった問題や認知度が低く女性自身も知らないといったこともあります。
また、女性限定の風俗店なども実際に存在しますが店の数が少なすぎる為、性感染症にかかるリスクは男性よりも圧倒的に少ないです。
よって男性がコンドームを装着して性行為することが最も性感染症の予防になるのです。

生理中の性行為は傷口からの感染に注意

生理中に性行為をすることは女性が血の匂いや汚れを気にしてやらない場合が結構多いと思いますが、中には気にしない女性もいます。
また、全く気にしない男性もいるので生理中に性行為するということは絶対にないということはありえません。
しかし、生理中の性行為にはメリットもありますが大き過ぎるデメリットもあります。

生理中に性欲がいつもより高まる女性と全く高まらない女性がいます。
生理痛は人それぞれ痛みの度合いが違うと思いますが、性行為をすることによりオーガズムに達することにより脳内でドーパミンが大量に生産されて沈痛効果が発揮されます。
これにより多少生理痛の痛みを和らげられるという現象が起こります。
これが生理中に性行為をすることのメリットです。

生理というのは子宮の内膜を剥がしてそれを体外に放出することです。
そして、放出している状態の子宮内膜が非常に傷つきやすくなっています。
その最中に性行為をしてしまうと男性の陰茎を挿入する訳なので、子宮などを傷つけてしまう要因になってしまうのです。
また、血液は膣分泌液と違って潤滑油の効果は全くなく、余計に膣内を傷つけtしまう要因となってしまいます。

傷ついた状態が続けば性感染症のリスクは上がります。
もし女性が性感染症にかかっている状態で傷口がありオーラルセックスで男性が女性器に触ったり舐めたりしたら、すぐに感染してしまいます。
このように生理中の性行為はできるだけしないようにすることが重要です。
生理中の性行為をしてしまった場合はシャワーをして膣内を清潔にして病院で診察してもらうことで傷口の治癒や感染していた場合はそれを食い止めることもできます。

このように生理中の性行為にはメリットとは比べものにならない程のデメリットがあります。
パートナーを思いやる気持ちがあるのであれば、極力性行為は避けてカップル間や性感染症の疑いがある場合はコンドームの装着は必ず行うことが先決です。

関連記事

  1. 細菌感染症である梅毒は早期治療が鉄則

  2. 尿道炎は排尿時の激痛が特徴な病気

おすすめ記事

  1. クラミジアの感染が原因でHIVの感染率が上がる
  2. 性行為における性病感染の予防方法とは?
  3. クラビットもクラミジア治療薬として使われます

最新記事

  1. 性感染症においては、コンドームの使用や性感染症の治療法が確立され、抗生物質などの治療薬の活用によって…
  2. 梅毒は真正細菌の1つである梅毒トレポネーマによって発症し、かつては不治の病として恐れられていました。…
  3. 性器クラミジア感染症は、国内に100万人以上の感染患者がいると推測されている性交感染症とされ、特に発…
  4. 性病は、一般的に感染者の精液や膣分泌液などに粘膜が直接接触する性行為が最も感染患者の多い感染経路です…
  5. クラミジア感染症の治療薬には、テトラサイクリン系の抗生物質ミノサイクリン塩酸塩を主成分とするミノマイ…
ページ上部へ戻る